読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あたしたちの水

引っ越す時に、10年選手だった冷蔵庫と洗濯機を買い換えたんだけど。その時についてもらった人が、ウォーターサーバー屋さんで、まんまと、まんまとよ、丸め込まれてウォーターサーバーを家に置くことになりましてね。

まぁもちろん私も納得したうえで買ったんだけどさ。改めて、ウォーターサーバーのメリットをあげて「あたしっていい買い物したわ」って思いたくてブログに書きます。

サーバーはレンタルタイプで本体無料の水代のみ月額発生する形式ね。
まぁ水自体はそうそう安くないのよ。当たり前っちゃ当たり前なんだけど、Amazonとかで、クリスタルガイザーの500ml40本入りとかを買うのと比べたら倍くらい。いろはすはセブンで2リットル100円で売ってたからそっちのほうが全然安い。
まあでも1リットルあたり120〜140円くらいだったと思う。
どうせめんどくさがってコンビニで水買うのと比べたら手間賃考えると安いかな、くらいね。
お湯がすぐに出るのはメリット。
コーヒー(もちろんブラック)なりハーブティーなり渋い緑茶が熱い状態で飲めるし。焼酎のお湯割りもできる。梅干しも入れちゃえばツマミいらずだしね。

飲料水が常に家にあることで、無駄にコンビニに立ち寄ることがなくなったのもメリット。今までは1リットル100円のお茶買ったけど、朝までに飲みきれなくて流しちゃうとかあったから。
あとジュースも飲まなくなった。水かお茶かコーヒーだけ。だから健康面(長生きしてどうすんだって話だけど)でも金銭面でも、かなりメリットが大きい。これは想像してなかったことだから嬉しい。サイダーとかコーラとか買ったらその分家計から引かれるわけだしね。

水の入れ替えも大変じゃない。ぎゅいって持ちあげるのと、毎回毎回段ボール解体するのは大変だけど、まぁ一瞬で終わることだしね。

それと紙コップ生活。
コールド用とホット用の紙コップのコーナーを磁石で横に貼り付けたから、いつでも水が飲める。
グラスとかマグを洗う手間がなくなったのは快適。
コスト面で見ても、よほど安いものを買わない限り、自分が欲しいものを買ったらそれなりに値が張る。洗う手間がなくなることで、いつから水に浸してるんだっけ?的な衛生上の懸念点もなくなる。


しいてデメリットがあるとすれば、水を持ってくるおじさんがヒイコラ急勾配の階段を水持って上がってきて「お水ですー」って言われるのがちょっと心苦しいくらいかしら。

水なんて水道水飲んでりゃいいんだよ!って思われてそう。

そうだわね、今度からは缶コーヒーでも常備して、おじさんたちに渡すようにしようかしら。