読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あたしたちはまるでブッセのように

ふわふわサクサクでぺろりと食べてしまえるブッセような、軽い口当たりの女を自負している。

 

一回セックスしたら次はあってもなくてもいい。

むしろ途中くらいから帰ってくれないかなと思う。

デートもめんどくさいからしたくないし、

連絡は自分が取りたい時に取れればいい。

 

寂しいとか切ないとかは、自分中心に回る感情には持つんだけど、他人を中心に寂しいという感情が回ることはない。

 

だからなのか、元来重たい女だからなのかはわからないけど、

「重い女」だと思われて関係が終わらせられたんじゃないか、と思うことが多々ある。

 

あたしたちはすぐになんでも好きと言ってしまう。

「かわいいシャツ着てるね!この色好きー!」くらいのニュアンスで、

おちんちん好き!焼きそば好き!○○さんのこと好き!と言ってしまうのだ。

 

ひょっとしたら重たい女だと思われてるんじゃないかと、半ばヒヤヒヤしながら、半ば安心しているあたしたちである。

 

終わってしまうことは、悲しく切ないことだけど、「おつかれ!」感?というか、終わってよかったね、ということですごく安心する。

 

お腹が減って、食べ終わって、

物足りなさというか、また食べたいなと思う気持ちと、満腹感が共存するような。

 

これでもっと「あたしはまたこれ食べに来たい!!全然足りない!」っていうのが恋愛感情だったら、

恋愛感情を持ってる人たちは行きづらいだろうな、と思う。

 

もう二度と食べれないのは惜しいけど、

食べなくても飢え死ぬことはないのだから、

ちょっとしたご馳走、くらいに思うのがちょうどいいような気がする。

 

 

ご馳走と言えば「ご馳走かよ」って言われたいんです。

頭わしゃわしゃされながら「かわいすぎるよご馳走かよ」とか、

お尻揉まれながら「ご馳走かよ」とか。

 

だから自分からも、人を褒める時には「ご馳走かよ」と言ったりもしますね。

 

ブッセのように軽い口当たりで物を言うけど、それが本当の自分だとしたら軽すぎて怖いわね。うふふ。