読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あたしたちのピタゴラスイッチ

今週のお題「もしも100万円が手に入ったら」

 

さて、男もすなるはてブロのお題でも、ドオカマのあたしたちもやってみようと思う。

 

もしも100万円入ったら?

入りません!!寝言は寝て言え!ピシャリ!

 

って思ったけど、世の好景気な方々6ヶ月とか賞与は出てるのよねそしてそんな人たちを羨みながら、あたしたち非正規雇用がありもしない100万円に思いを馳せるのよね。

 

なんという残酷な。。鬼の所業!!!

 

100万円入ったらどうするかなー

あたしたちも特別賞与はもらったけど、(豚の餌もまともに食えないくらいのちっぽけな額よ)

100万円もらっても当面の生活費にあてるかもしれないわ。

 

お金って、生きていくうえでは必要かもしれないけど、それがいくらあっても安心するものじゃないし、別に生活水準も急に変わったりはしないわよね。

 

車が欲しいとかローンの返済にあてたい、とかで大きなお金が必要になる局面はあるかもしれないけど、東京の下町で慎ましく生きてる身としては、それですぐに何か消費しようとは思えない貧乏性。

 

一生遊んで暮らせる額でもないし、1ヶ月ぐうたらするくらいならいいけど、仕事はしてないといけないわよね。

 

そう思うと100万円って大した金額じゃなくない?

何にもできない。100万円使い切ったって残るのは、100万円をもらう前のダサい自分だけじゃない?ねぇあたしたちって幸せかな?あたしたちちゃんと笑えてる?上野千鶴子はなんて言ってる?

 

100万円なんて、シャボン玉。。