読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あたしたちの合鍵

半年前に付き合って、3ヶ月くらい前から音信不通になった彼氏がいます。

喧嘩をして、それは十中八九こっちが悪いんだけど、その後の相手の態度がどうしても納得いかなくて、

「わかったわかった、あたしは精神病で今はまともに話せる状態じゃないから距離を置きましょう」と近づかないで宣言をしまして。

 

それでこちらは順調に回復に向かって(まぁ今の職場でも病んでるけど、それは別の話ね)

1人の生活を、今思えば勝手に1人の生活を満喫してたわけです。

飲み屋で男の子にちゅーされたりね。にゅふふ。

 

全然終わってなかった。むしろなんで勝手に終わったことになったんだろう、って自分でも不思議に思った。

 

今日ふとしたタイミングで遭遇する機会があって、こちらもあちらもしたたかに酔って

「このタイミングじゃないとできないと思うからさ」っつって、お互いに預け合ってた合鍵を戻した。

 

その直後に「この人俺の彼氏なの」って話になって、

「あ、そっか。彼氏っていうのは、口約束でも約束なんだ」って思い知らされた。

 

自分でもひどい人間だと思う。

病んでる時には「あなたがいないと何もできない」ような顔をしておいて、いざ用事が済んだらもういいかなって見切りをつけるなんて。

 

よく「精神的に辛い時を支えてくれたのが今の恋人で」っていう話を聞くけどさ。

その人たちは、寛解した時にも相手のことを受け入れられた(好きでいられた)のかしら。

なんだか、全く別の人間になっていたような気分で、頭にかかっていた霧が晴れたら、それまでの感情が、良い意味でも悪い意味でもクリアになってしまった。

 

 

そもそも、彼氏とか欲しくないし、いらない。世の中は辛くてきついもので、その人生に誰かを付き合わせるのが、後ろめたく感じる。

 

あたしたちに「とっておきの誰か」は必要じゃないのかもしれない。体面良く言うと「誰か特定の人がいると全てが壊れちゃう」し、体面悪く言うと「弱ってる時じゃないと誰も必要ない」ってことだと思うのよね。

 

彼氏恋人の関係が、そもそものところで自分のライフスタイルと合わないんだけど、それを相手にどうやって言おう。

また弱ってから優しくしてね、それじゃ嫌な女にもほどがある。

別の誰かだと思ってまたイチから口説き直して、それも嫌な女。

 

結局悪者になるしかない。

 

間違ったことをしているのは、ここ半年重々承知。

仕事でも恋愛でも、正しいことなんてしてきてない。

でも自分で自分を責め続けて、その傷の方が辛いから「そんなに自分を責めなくても良くない?」って誰かに言って欲しい。

 

誰もあんたになんて興味ないよ。

あんたのことを好きな人は、そんなことで嫌いにならないよ。

すぐに結果を見極めなくてもいいよ。

 

どれでもいいけど、多分「人生は長いから、誰かを傷つけたり傷つけられたりうまくいかなかったりするけど、それで自分を責め続けても解決したことにならない」っていうのを教えて欲しいのよね。

 

自分とは付き合えなくて、自分は自分を好きになってくれないことが辛いわね。

 

そんなわけで若い男の子に人生めちゃくちゃにされたいわ。