読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おばさんになれないあたしたち

自分のこと「おばさん」扱いするのって楽だよね。あたしたちもついやっちゃう。

 

大きな理由としては、ある程度自分を落としておくことで、落とされた時のダメージを減らすのが1つね。

「あたしなんてブスだからぁ」と同じ原理。あと、それに対して「全然ブスじゃなくない?」を待つのね。

 

もう1つは、自分をあえて下げることで「下の上」を演出できることね。

20代前半の子たちが住んでるHappy island Tokyoは確かに世知辛いのだ。ちょっとかわいいだけだったら、すぐ「顔はかわいくてもおばさん」とか「同じベクトルだったらわざわざおばさんを選ばなくない?」とか言われちゃうので、わざと自分を30代後半から40代が生息するシマに追いやって「その中ではイケてる方」という誤認を誘うわけ。

 

「短所も多いけど、かわいいお姉さん」だと思ってるいけ好かないブスほど、自分をおばさんだと言いたがる風潮は強い。

 

ほんとに自分のことをブスだと思ってるブスとか、イケてる方だと信じてやまないブスたちは、おばさん扱いされるとやたらとムキになりますね。

 

前者は「まだおばさんじゃないもん!」とお怒りになり(もん、の言い方が昭和)

後者は「若い子至上主義っておかしくない?加齢と共に、色気とか魅力とかが増すもんじゃない?」と静かにお怒りになり(でも本人が想像してるのは、ヒラコリとかトワコとかいちいち美魔女)

正直、他人に対しておばさんと罵ることのメリットってなんにもありません。

 

ここでいう「○○だけど、かわいい部類に入ってると勘違いしてる女」は、おばさん呼ばわりされても、余裕綽々とした顔で笑いに変えてきます。

「ミホまだおばさんじゃないもん!ぷんぷんビーム!」とか「そうなのーおばさんなのーかなP」とか「おどりゃこりゃてめぇ!!」とか言ったりします。

 

その場ではニコニコしてても、次に会った時は初対面ということになりますので、若手の皆様にとりましては、粛々と自分の言動の大きさに責任を取っていただきたい。

おばさん呼ばわりはイコール臭い呼ばわりと同じなので、しっかりと「この人になら嫌われても自分には無害」だと判断して使うようにしてね。

 

 

まあとはいえ、他人からおばさん呼ばわりされたところで微動だにしないのが大人の女です。そもそも、事実おばさんだしね。

「ここに空気ありますね!」っていう事実を「空気ないもん!あたし酸欠になりそうだもん!」って質す必要もないわけで。

 

そんなことよりも目につくのが、若い子のおばさんアピールですよ。

 

「あたしも最近すっかり年取っちゃって〜」って、パンと張った肌、重力に負けないマブタ、乱れがちなホルモンバランスにありがちの吹き出物、ありとあらゆる若さのポテトSセットが詰まった若い子が、

視界のどこかでそんなことを言い出す日がいつかきっと来る。

 

若ければ「おい今なんつった?」「てめぇがババアだったらあたしはなんだ?鉄の塊か?メーテルか?」っつって激昂するところですが、

まぁ(そういうところがほんとに若くないんだと思いつつ)聞こえないふりしてそっとしておくことが多いわけよね。

 

そういう、場の構成が読めない子は、意識的にシャットアウトした方が共存共栄できますからね。

 

あたしたち同士でも、もっと年上な人もいれば年下の人もいるわけで、もうそんなことで戦争をするのはやめましょうよ、と。あたしたちは思うんですね。

 

18だろうが30だろうが50だろうが、

「明日の自分は昨日の自分より老いてきる」条件面は同じであってね。

 

もういいよ!はいはい、あんたはおばさん、おばさんね!その中でもイケてる方だと思ってるけど、ほんとにただの何の変哲もないおばさんだからね!どこに出しても恥ずかしくないおばさんだからね!よかったね!はいはい!

 

って優しく接してあげようと思った今日この頃なのでした。

 

 

以上、お題「自己紹介」です。