読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あたしたちの幸福偏差値

今日はテレビ回線?の人がうちに来ました。
そういえば日曜の昼間に来るかなーとか聞いてた気がするんだけど、今日かな来週かなーと思って。15時過ぎても来なかったから、今日は来ないものだろうと思ってお風呂に入ってました。

そしたら来ちゃうっていうね(´-`)バットタイミング。

転職の面接でこの間言った(言わされた)んだけど、営業ってほんと苦手。
絶対できない。

「今日はお休みですかー?」
「お仕事何されてるんですかー?」
「おいくつなんですか?えー30には見えないですよー」
と、むちむちしたエロい体型のお兄ちゃんとお喋りして。

さっさと仕事にかからんかい。

とか、思って。
でもほら、営業ってそういう話もしなきゃいけないでしょ。

世間話スキルがゼロだからさ。
要件しか話したくないし、なんかオチのない話とか知らない人にできない。人嫌い。

一般的に言うと人見知りなんだけど、そもそも人見知りって子ども(3才くらい?)がするものだからね?
いい大人が人見知りするとかありえないから、派のあたしたちでも、知らない人に営業をかけるのは苦手。

んでまぁあたしたちも「こんなむちむちしたエロい体つきのお兄ちゃんにだったら契約さしてあげてもいいな」と思ったわけ。
ネット回線上限ないらしいし。速度制限ないっていいわ。

と思ったらさ。家にあるwi-fiちゃんがまさかのあと2年以上契約残ってて。

「違約金払ってもキャッシュバックありますよ」って押されたけど、じゃあ契約満了まで今の回線使ってそれから考えるわよ、っていうのがまともな人間の考えじゃない?

んで「気を持たせた所で悪いんだけど、今は契約できません。2年後来てください」って追い返したのよ。

「俺とセックスしたら契約してくれますか?」まで言って欲しかったけど、
「もしかして学生さんですか?」でおまんこ濡れきってたからまぁいいかな、と。
風呂にも入らなきゃだし。。

いくら自分のことおばさんだのおじさんだの言ってもだね。
最近ちょっと目が見えづらいとか、肩に一度来たら3日は残るとか、あってもだね。
「もしかして学生さんですか?」なんて言われたら、嬉しくなっちゃうわけですよ。

こんな険しい顔した学生いるかっつうの。

そんなことに幸福を感じてしまってハッピーなんだけど。

やっぱり小さなことにもハッピーを感じることって大切だわね。

できることならキスやハグの1つくらいしたかったけど。

あたしたちここ最近幸せを感じることに辛くなってた。
幸せから逃げようとしてた。あたしたちの人生、これからは死ぬまでの一方通行の下り坂だから、だからこそハッピーに生きないと、なんにもなくなってしまう。

それで、福しんでじいさんたちに紛れてラーメン啜って、薬飲んで、辛いことは考えないようにしてる。

幸福偏差値は決して高くないけど、それでもやっていかなくちゃね。
自分は誰にもなれないんだから。自分のことは幸せな子だって愛してあげないと、きっとなんにもできなくなっちゃう。

幸せになあれ!浮上浮上!!