吠えろ、クソオンナ!

2018年が終わる今、あたしたちは未だに、なんとかして普通になろうとしている。

でも、ここでいう普通は最適、あくまでも理想であって、平均ではないのだから。

 

どう考えても奔放な姉として生きていく方が、自由で強く、美しいと思えるのに、あたしたちはついお利口な末っ子、しっかり者の次女でいたくなってしまう。

お利口さんも、しっかり者も、誰かの評価なしには定義付けられないのだから、他人ありきの自己像なんてとっとと噛み殺して、便所に流してしまえばいい。

それでもあたしたちは「お利口さんだね」「しっかり者だね」と、胸の奥底で大人たちに言われたくなってしまう。もはや洗脳よね。

 

あたしたちも、ブス業界には明るいから「ちょうどいいブス」「笑えるブス」「イジれるブス」みたいなことはもちろんあるのよ。

でもそれって、誰かにそうなりなさいって教えるものでもなければ、言いなりになってブスだと笑われてみて楽だったっていうわけでもない。

 

や、もちろんあたしたちにだってブスって言いたくなる時がある。話の流れでそう言っちゃうこともある。でもそれって、次の日きっと後悔してる。

ブスって、手っ取り早く笑えるから。

ひどい言葉を使ったことよりも、そんなことが面白いと判断したことに自己嫌悪する。

 

「あんたってほんとブス!」そう言って楽しかったのは二十歳そこそこの頃までで、三十路を過ぎたらそんなことでいちいち笑えなくなった。

「ヤバいね!」「すごい!」「うっそぉ〜!」ばっかりの、知性のない自分。

 

ブスだったら、手っ取り早くポジションが作れる。あ、あたしここで面白いブスの席に座ったら、フルーツバスケットで晒し上げられない。

 

だからあたしたちは、すぐにでも席が欲しくって。座ってしまいたくなる。椅子は人数分あっても、その全てに価値はないから。

 

賢い生き方、幸せになる方法、価値がある自分になるためには。

 

そうやってあたしたちにはいつも、選択肢が与えられてきたような気がする。

そういうのは大抵は分岐条件だった。

美人か?頭がいいか?明るいか?スタイルがいいか?センスがあるか?料理は得意は?男を立てるか?セックスは上手いか?

そのどれでもない人間にならないように、あたしたちはとっとと自分が生き残れる場所を探す。

 

この席、空いてるよ。と誰かが言う。

ちょうどいいブスの椅子。俺でもいけそうと思われる女の椅子。俺がいないとダメなんだと男に思わせる女の椅子。結婚できなさそうな女の席。自称サバサバ女の席。頭の軽い女の席。いい人の席。

 

あたしたちには憧れている椅子があって、どうにかしてその席に座ってみたいと思う。

でもその願望は、目には見えず、形もわからないのよね。だから、目指してるはずなのに見失ってしまう。主体性を売り飛ばし、赤の他人を演じて、自分だけが擦り減っていく。

 

だいたいさ。

 

セックス予定の朝に、抜いちゃったからってドタキャンしてくるような男の遺伝子を、どこの誰が欲しいと思う?

(最近よく見るクソ男エピソードを勝手に拝借。)

 

マジでこの「あんたみたいな男の遺伝子を、いったいどこの誰が欲しがるって言うの?」はオンナの子をサイキョーにする魔法の1つだから、皆さんもぜひ使ってみてね。

 

それだけでも、あたしたちは「主体性を売り飛ばす女の席」から解放されていくような気がする。

 

 

2018年、あたしたちはなんだかんだと苦難の年だったと思う。2018年にもなって「ちょうどいいブスであれ」だの言われるなんて思ってもなかった。

あたしたちはとっくに自由に生きてるのに、世の中はそうでない不自由な女を守りたくて仕方ないのね。

 

2018年が終わるとか最後の平成とか言ったって、あたしたちが生きている一分一秒は地続きなのだから、あたしたちはもっと思ったことを言っていくべきなのだわ。

それでクソオンナだと思われても構いはしないのよ。あたしたちが言うこと思うこと考えていることが、例え間違っていたとしても、三十越えたら正してくれる大人なんていはしないのだから。

 

あたしたちの不満

RPGツクール任天堂スイッチ版(RPGツクールMV Trinity)を買ったんですが、

その出来にびっくりしてしまったので思わずブログにしたためます。 

 

これはすごいよ、すごいゲームだよ。現代社会の闇が如実に出ている。

 

まずね、動かない。

 

そんなことある?ってくらい動作が遅い、読み込みが長い。

不安になるくらい長くて「あれ?そういえばこのボタンってこの画面じゃ押しても意味なくね?」っていうのがままある。

この画面だと無効なボタンとかあるの?って感じですが、あとで書きます。

 

まずゲーム始めはチュートリアルが始まります。これはちょっと斬新!って思った。

PC版だと突然マップ作成画面に放り出されるので、コンシューマーってそういう導線も作らないとだよね、という感じ。

 

nOW loading というアニメーション(アルファベットがウェーブ状に動く)らしきものが入るのですが、これがまた動きません。

ほんとにずっとnOW loadingっていう静止画が出てくるの。うける。

 

チュートリアルは「半動画」です。

「このボタンを押してください」「ここにカーソルを合わせてください」など、入力する場面がありますが、例えば右に4つ、下に8つ進まないといけない場合は、まず、下を押します。

下以外のボタンは反応しません。それから右です。その法則に気づくまでは「押せない壁」に苛立ちましたね。Win3.1とかこんな感じじゃなかったですか?

 

そして今度は、ゲームプレイ時のキー入力の反応が早すぎる。

何が早すぎるかというと、会話ウィンドウが表示されて続きをよむ為にAボタンを押すじゃない?

そうすると、会話が2つ3つ進む。

近年、早送りモードでもこんなに速くならないんじゃないかというくらい速い。慎重に押さないと、チュートリアルの文字が読めずに次に進みます。

でも読み込みは遅い。Aを押せというから押したのに、反応しない。おやおや?と思ってようやく動き出す。病院の待合室だったら次の人を呼ばれちゃうくらい長い。

 

そんなこんなで冗長な(そしてなぜか必ずセーブをさせられる)チュートリアルが終わります。

あの「セーブをしてください」っていうのなんの意味があんのかな。コンティニューできないのに。始めはセーブしてコンティニューして続きをよみこんで、という仕組みだったのかしら。どのみち意味ない。

おそらくゲーム作成中は頻繁に保存しておくように、というメッセージと「ゲームプレイ中は頻繁にセーブをするように」と意図が伝わらなかったのでは?と邪推。

 

そういえば、ここで「詳しくはヘルプを見てね」みたいな文章があると思うんだけど、ヘルプってどこにあんのかな、って思ったら、

カーソルを動かさずにいると出てくる「ここにはスキルの説明を書きます。」みたいな1行がヘルプなのね!びっくり。

例えば「毎ターンHPが減っていくようにする」設定をしたい場合、HP再生率をマイナスに設定するんだけど、そういうTIPSみたいなのはどこにも書いてない。。ここは何を設定するところかは書いてるけど、何が設定できるかは書いてない、っていうのかな?

 

で、読み込みの長さ。待っても待っても出てこない。と思いきや押しても意味ないボタンだった、っていうあるあるね。

 

↑これちょっと説明すると、RPGツクールMVは主に「マップ作成画面」「イベント作成画面」「システム設定画面」に分かれています。

マップ作成画面と、イベント作成画面は表裏の関係になっていて、R2ボタンとL2ボタンで裏返しながら画面にマップチップなりイベントチップなりを置いて完成させていくんだけど「マップのこの位置にイベントを作成する」という動作をするだけで、3〜5 秒待ちます。この動作、コントローラのXボタンを押すだけね。

で、Xボタンを押すのはイベント作成画面の場合ね。

↑で書いたとおり、マップ作成画面とイベント作成画面は表裏の関係にあるので、基本的には同じ画面に見えます。マップ作成画面でXボタンを押すのは範囲選択。

イベント作ろうと思ってXボタン押す、5秒待つ、あれ?って思ってるとキーが動かせる、あっマップ作成画面だった、と気づく。みたいな。

 

システム設定画面(現物見てる人向けに言うと、上のバー)では、マイキャラクターの作成やデータベースの設定ができるんですが、ここもとにかく遅い。データベース開こうと思うと10秒は待ちます。

 

操作性最悪って思うのが、マップ作成画面/イベント作成画面のタブ移動はYボタンなのね。で、データベースのタブ移動はLRなの。

だから、うっかりYボタンなりLRボタンを押してしまって反応しなくて、あれれ?みたいな。そもそも反応しないボタンっていうのがおかしいような気もするけど。もうこうなったらいいわよ、そこは。

 

もっとやべーのがさ、

カーソルがいなくなるの。

 

昔のWindowsでもこんなこと起きる?って思うけど、

例えば、音楽を選ぼうと思って、リストを押す、音楽を選んで押す、下押す、カーソルいなくなる、からの右を押したらカーソル出てくる、みたいな。

おそらくその方向に押すことを想定してないからここではないどこかに行ってるんだと思うけど、カーソル迷子って自社システムでもそうそうにないよね。行くとこなかったらそこにいなさいよと。

 

それと絡んでやべえのが「Bボタンを押さなきゃ戻れない」んだけど「Bボタンを押すとキャンセルになる」のもあるのね。このキャンセルっていうのは〈データベース内で設定した全てをキャンセル〉とか〈イベントの作成そのものをキャンセル)が含まれるの。

会話シーンの話者名設定してBボタンで戻るつもりが、今書いたシーン全部パァになる。これがあるある。それもっかいB押したらイベントがキャンセルになるからね。

 

そんなの画面見てれば気づくんじゃない?っていうところで、カーソル迷子問題が出てくるのね。カーソルとか見えないから。baby boy私はここにいるよって言われても見えないから!

だからやたらめったらにカチカチ無駄なボタンを押してしまうし、なんなら「私いまここ選択してるよね?」っていう意味で、一回カーソルを迷子にさせて(迷子になる階層であること)を確認してからBボタン押さないとキャンセルにならないか信用ならないっていうかさ。

 

まぁいいや。もう慣れたから。次、作業用BGMという項目がトップ画面にあるんだけど、せっかくたくさんBGMがあるのに、作業用BGMを変えたかったらトップ画面に行くしかないのね。

私は、ダンジョンならダンジョンのBGMをかけながら、イベントシーンならそのイベントのBGMを聞きながら作りたいので、その都度トップ画面まで行って作業用BGMを設定しにいかなきゃならないのね。

そのうえ、BGMってしばらくかけてみないとどんな音楽かわからないじゃない。イントロはしーんとしてるけど、ちょっと聞いたらズンッズンチャカッみたいなのは往々にしてあるわけ。だからこのBGMにしようって思った時に、設定画面でプレビューして、そのまま他の設定もしていきたいのに、設定しますって押しちゃうと作業用BGMに戻っちゃう。だからしばらくプレビューで聞いてみないとだし、最悪「設定はしたもののどんな音楽かわからない」こともあるのよね。その都度トップ画面に戻るっていう手もあるけどさ。トップ画面に行ってここまで戻ってくるのどれくらいかかると思う?丸の内線なら次の駅ついてるよ。

 

あと「マップが消える」っていうバグに遭遇していましてね。色んな条件が重なってるんだと思うけど、マップが消えたら表裏になってるイベントも消えちゃうわけてすよ。

 

私の見立てだと

 

マップA id:1

トマップA配下のマップa id:2

     トマップA配下のマップb id:3

     トマップA配下のマップc id:4

     トマップA配下のマップd id:5

マップB id:6

トマップB配下のマップa id:7

     トマップB配下のマップb id:8

 

っていう構造だったとして。

マップdの下に、マップeを作ろうとした時に発番されるID:9になるでしょ。

それがおそらく、カーソルの位置関係でidを返す仕組みになってるから、上から6番目だよねっつって、ID:6のマップBがマップeに差し替えられ、マップeがどこかに消える、みたいな。

 

 

 

総じてバグが多く、ロード時間が長く、コマンド入力がめちゃくちゃで、痒いところにいちいち手が届かないゲーム。っていう感じです。もうゲームじやないね、人のモチベーションをもて遊んで苦痛を与える天誅ゲームというか。

 

その不便さは随所にあらわれていて、チュートリアル(はじめにやるものとは別のもの)で戦闘テストをすると、テストなのにしかもチュートリアルなのに、スライムを殴り殺すだけで5ターンかかる、とか、

操作説明が、もっとたくさん操作させればいいのに「デフォルトで設定されている4つのアイテムに、説明を繰り返しつけさせられる」とか。この文章を入れてみましょうって、スイッチで入力するとけっこうな量よ。

 

日をまたいでログインボーナスを取ろうとすると一回ゲームを落とさないとログインボーナスが取れないとか。(作業用BGMはゲームを起動するたびにリセットされる)

 

なんだろう。きっと、角川の偉い人がいったんでしょうね。

コンシューマー向けだからチュートリアルを搭載したいとか、

作業用BGMにしてる人がいるから作業用BGMを設定できるようにしたいとか、

モチベーションを維持できるようにログインボーナスを作りたいとか。

そういうのをさ、仕様書通りに作ったけど、実現ができていないっていうかりこんなのどこの組織でもあるあるよね。

 

データベース作成チームは、タブをLRで変えたい。

マップ作成チームは、Yボタンでタブ移動したい、

それで作っちゃったから一体感がない。

これだって組織あるある。

 

チュートリアル作成チームも、別にRPGツクールチュートリアルを作ってるつもりもなく、なんならなんのチュートリアルかもわからず、

「ここはこういうものだから、チュートリアルではこれをさせてください、ここについては難しいので触れないでください」みたいなのを動画で作ったんだな、とか。

 

RPGツクールMV Trinityで可哀想なのは、こんなやべえシステムのゲームに金払って遊ばされるユーザーよりもさ。

多種多様の理由があって思うようなRPGツクールが作れない人、RPGツクールに愛情を持てずに作らざるを得ない人たちだと思うのよね。

(そんな人、KADOKAWAにもスパイク・チュンソフトにもいません!って人には、じゃあこれは何なのかって問い詰めてみたいよね。)

 

ユーザーはこういう時は無力よ。なんにも変えられないんだから。返金しろ!ってその場の8000円が返ってきても、自分がその8000円で実現したかったことは無なんだから。

(ユーザーはデバッガではないので)って公式ツイートがあったけど、それもきっと上から言われたんでしょうね。そのまま書いちゃったんでしょうね。素直に情報提供求めて「ツクールなんだから、ユーザーも一緒に良いものを作ろうよ!」ってならないのかな。

 

 

RPGツクールは、きっと色んな不満のうえに建てられた城なのよね。

 

RPGツクールが好きな人は、自分もゲームを作ってみたいっていうポジティブモチベーションだけじゃないでしょ。そんな面白いゲームがあるならそれずっとやってればいいじゃん。

最近のゲームはギャルゲーみたいで面白くない、とか、異世界ばっかりでストーリーの幅がない、とか、操作が難しくて進められない、とか、イキったセリフばかりで没入できない、とかさ。

そういう不満があったうえで、自分が納得できるゲームを作ってみたいと思うんじゃないかね。

 

そして、実際に作ってみて、ロードが遅いとかUIが人間工学に基いてないとか、戦闘バランスを作り込むのが難しいとか、上手にマップを作れないとか、なんでもない会話を作るのもいちいち大変とか、不満が溜まっていくでしょう?

 

RPGツクールを作ってる人たちは、何をこんなゲームを、なんでこんな短納期で、仕様書が不明瞭で後からどんどん増えていく、っていう不満があることでしょう。

 

そういう、たくさんの不満のうえに積み上げられたRPGツクールっていう城が、もはやなんにも作れないものになってしまった、賽の河原状態になったっていうのは、放り投げた石が地に落ちるように真っ当なことですよ。

 

アップデートを願ってやみませんし、せっかく発売日当日に定価で買ったのに、発売から一週間経たずに30%オフになってるのを考えるととっとと売って、RPGツクールのない生活に戻ってしまいたいなと思います。

 

まぁ、Steam版のMVはあるけど。笑

あたしたちの女子会

アルテイシアの夜の女子会』を読み終わりました。

読み当たりも軽く、エピソードひとつひとつが、ちょうど電車の一駅くらいで読めるので、

通勤電車、お昼休み、お風呂の中、つまむように読んで、あっという間に読み終わりました。

 

アルテイシアという人は、子宮を取ってもビッシャビシャという記事で知って。

それからたまにTwitterに流れてくるコラムを面白く読んでいて。

まぁ〜〜面白い人なのよ。語彙力がない。

 

31〜41歳までのエロスについでのエッセイと、対談が数本、ぶっちゃけどんな内容だったかは大して覚えてないんだけど(女体って縁遠いし、、)

すぅ〜〜〜っと楽しく読み終わって、また読みたいなってワクワクしてます。みなさんも読んでみてね☆

 

そういえばエッセイって好きだなって思う。同じ時代、同じ世界に生きてるから、色んな説明が省かれて読めるじゃない?

小説だと、これはいつの時代の話で〜〜とか、智恵美は4つ下の妹で〜〜とか、キッチンの戸棚にはナントカ調の食器が綺麗に整頓されていて〜〜とか、めんどくせ!ってなっちゃう。

や、読むよ?読むけどさ。小説って体力使うのよ。

 

これまでに読んできたのは、群ようこからはじまり、中村うさぎ大石静中谷美紀、麻宮まみ、そういえば桃井かおりは読んでない!!

昨今はネットでもコラムとかは読めるけど「お友達の書いたコラム」みたいなのばっか読んでもそれはそれで疲れるのよね。

 

どれも同じ時代を生きてるから、北斗の拳のオマージュとか、ギャグがギャグとして通用する共通認識とか、いちいち読み解くものがないから、ダバッと読めちゃうじゃない。

世代の違う話は、あ、そこ世代じゃないんで、、って読み飛ばせるし。小説だとそうはいかなかったりするじゃない。え、これってなんて読むの?とか、これどういう意味なの?とかがめちゃくちゃ多い。いや。読むわよ?読むんだけどさ。電車の中とかお風呂の中で読むには敷居の高いのよ、小説。途中で立ち止まるのができないから、湯あたり必至だからね。

 

アルテイシアの夜の女子会は、夜の女子会ということもあって、セックスにまつわる話題が多いんだけど、確かに人間って「女の人の身体」にめちゃくちゃ無頓着よね、って思った。

 

例えば、あたしたちの生きてる世界では「女の身体はその気がなくても、挿入されれば勝手に液体を分泌する」「彼氏とのエッチが痛くて苦痛」っていう認識がどっちも存在するのよ。

勝手に液が出るならさ、彼氏とのセックスだって痛いわけないじゃん?っていう矛盾に気づきすらしないよね。

 

そういう、蔑ろにされてきた女の性っていうのは、これからもしつこく訴求していかなくちゃいけないよねって思うし、

なんかそれを我慢するのが日本社会の女です、みたいなのって笑っちゃうよね。

 

あたしたちだって別に、常日頃から日本社会に生きてると思ってないのに?急にスケールがおっきくなっちゃうの。わらう。

じゃああんた、日本人は世界に通用する頭のいい人種だって思ってて常日頃生きてる?でも仕事は日本人にニホンの物を売ってるの?世界に通用する頭のいい人種なのに英語が喋れないの?あなたの会社のものはなぜ海外には売れないの?あなたは世界に通用する頭のいい人種なのに???みたいなさ。

 

まぁその話は置いといて、女の肉体なんて、生きててどうでもいい(身体は男だし、セックスする相手も男だから、女の人って30から急に重い病気になりがちだよね、とか、女の体って男の体と比べてアルコールの受容が平均して少ないよね、とかは知ってればいいんじゃないかな?って思ってる)から、

ある意味では面白コンテンツであり、ある意味では異性愛者の世界は大変だぁねお〜〜っほっほっほって思ってたりしている。

だからこそ当事者である異性愛者の男性はもっと女の身体について、もっと言えば彼女らの個体差について、しっかり考えていってくれることを願ってやみません。。

セックスに勝ちパターンなんて存在しないわけですよ。乳首が感じるからっていきなり噛まれたらびっくりして笑っちゃうし。

 

あたしたちも、セックスする時はちゃんと相手が何を好きで、何をすると良くないのか、何が相手を傷つけて、相手にどう聞いたら本当のことを言いやすいのか、

セックスに限る話でもないんだろうけど、気にしていかなきゃなっとまんこと誓いましたとさ。

振り切るあたしたち

他人と自分を比べたって意味がない。

そんなことは重々承知で生きているのだけれど、比べる先の相手が得体の知れないものだと簡単に呑み込まれてしまう。

 

世の中にはこの年で経営者をしている人がいれば、中学生の子どもがいる人もいる。石原さとみと自分をいちいち比べなくても、容姿の美しさなんて曖昧なものは簡単に劣等感を掻き立てる。長くもしくは深く愛したパートナーもいなければ、思わず饒舌になるほどの趣味もない。仕事での成功だのやり甲斐だのは蚊帳の外だし、じゃあセックスに狂乱して出産できそうなくらい肛門が広がってるわけでもない。友達だって年々減る一方で、久しぶりに会えば面白いけど、優先順位は誰かや何かに取って代わられている。

あたしたちはきっと、何かをしているうちに、もしくは何もしていないうちに、どんどんと老いさばらえ、頑固になり、卑屈になっていく。

 

(あたしたちの)とつけていることには、確か、人間なんて罵れば蝕み、褒めそやせば増長するような、短絡な情動構造に対して「あたしとあんた、あたしと誰か、そこの違いに大きな意味がない」ということからであったんだけど。

 

だからこそ思うんだけど、あたしたちはもう、キリがない比較からは脱しないといけない。

「もっとしっかりしなきゃ」「ちゃんとした人生設計を」「清潔な白馬に乗った王子様が」どれも意味ない。

 

違うのよ、しっかりしてたら今こんなんじゃない!

理想を語って理想通りに生きてこられたわけじゃない、波に乗ってスイスイ太平洋横断できるわけじゃない。

王子様が乗ってた白馬が糞塗れだったり、王子様にセフレ扱いされたり、足を踏み出したところで糞溜めに落ちたり、うまくいかないことなんかたくさんあるのよ。

 

その、うまくいかなかった結果に対して、あたしたちは善処して来れたと思う。

毎日後悔と懺悔のシャワータイムだけど(最近やすみの日はシャワーを浴びないこともある)

だからといって断罪されるほど極悪でもない。

 

上を見上げればきりがない下を見下ろせばきりがないようなことを言いたいわけでは全然なくって。

そもそも、誰かと、存在するかもわからないような人と比べて、それを善処したところで誰が褒めてくれて評価してくれるわけ??

 

石原さとみと比べたらあんたってブスじゃね?石原さとみの表情が100あったら、あんたの表情って3パターンくらいしかなくね?

って言われたらさ。なんで石原さとみと比べるのよ!!やめてよ!デリカシーどこいったの!!ってなるのに。

 

あんたって表情のパターン3つくらいしかないよ?40くらいあるもんでしょ?

って実際に言ってくるような輩にはさ。鼻にひき肉詰めて「ピーマンの肉詰めよ?脳みそスッカスカだから足しておいたわ??」って言えるのにさ。 

 

それが、自分が抱えてる面倒くさいババアみたいな自分(脳内ババアとする)だったりすると、頭の中から消し去ることなんてできないのよ。

他人の言葉でいちいち傷つくほど、真面目に聞いてないから、自分が一番自分を責める。自分以上に自分に興味があるのなんて、自分以外にいないんだから。

 

じゃあさ?その、脳内ババアが悪人で、あたしたちが舌切りカナリヤなのかっていったらさ。

その脳内ババアにだって役割があって、きっとそういうことを頭で考えているからこそのセーフティなわけじゃん。

表情3パターンくらいしかないかも、って思うから(今日は好きな服を着て過ごそう)だったり(挨拶くらいはちゃんと声だそう)だったりするわけ。

ちょっと気が張るような雰囲気のごはん屋さんで、茶碗を見栄えよく持ったり、米を箸で切ったりするのは(こういうとこくらい、きりっと食べられるようになんなさいよ)って脳内ババアがいるからなのよ。それができる自分をちょっと誇らしくなったりもするわけでしょ。じゃあそいつを切り捨てるなんて無理。悪いやつだって言い切れない。

 

 

でもほんとに、そういう、ババア感覚で持ってるものって、絶対ロクなもんじゃないから。

 

できないことはできない!できることはいつかする!したいことは善処する!

 

それくらい振り切りを持ち合わせないと、あたしたちってきっとバランスうまく保てないわ。

 

というわけで長くなりましたが、32歳の抱負は「振り切るあたしたち」になりました。

【帰ってきた!】理解不能なあたしたち

‪当初の記事は差別の再生産、助長に加担しかねない内容でしたので、ちょっぴり加筆修正しております。

おおむね「ちんぽ」部分は無修正です。

 

 

LGBTが気持ち悪い人の本音 「ポリコレ棒で葬られるの怖い」 - withnews(ウィズニュース) https://withnews.jp/article/f0180406003qq000000000000000W03j10101qq000017134A

 

「絶賛炎上中の『LGBTが気持ち悪い人の本音』記事はなぜ完全にダメなのか」 BUZZAP!(バザップ!)

http://buzzap.jp/news/20180410-lgbt-harada/

 

 

はい。

 

ぶっちゃけさぁ。

あたしたちだって気持ち悪いもんは気持ち悪いよね。

あたしたちが取り立てて聖人君子ではない。

 

世の中の異性愛者、例えば職場の上司や学校の先生が、プライベートでは異性のまんこ舐めたり異性のちんぽ入れたりするのなんて。

どう考えても気持ち悪いもん。

逆のことをして欲しいなんて思わないわ。

自分がしたくないし、されたくないし、される理由もよくわかんないし、じゃあ、しなきゃいいんじゃない?と思う。

 

「年下とは聞いてるけど、別にタイプじゃないしイケメンでもないし、そういう人がそれこそ美人でもない十人並みの、中身で勝負とか思ってるような女のまんこ舐めてるのなんて、理解不能で気持ち悪いしなんなら笑っちゃう。人間じゃない。」っしょ。

 

もちろん、エッチな動画とかでさ。

ノンケ萌えとして、かわいい男の子が、クンニしてて後ろから見たら肛門が丸見えでヒクヒクしてるのとかは好きよ?

でもそれはあくまでもファンタジーの世界(見た目のいい男と、見た目のいい女との異性愛の世界=いわゆるNL)であって、

 

実際に異性愛者は美人ばかりではないし、

まんこだって乾いた状態でスルスルちんぽは入らないし、毛だって定期的にちゃんと処理しないとボーボーになるし、口臭とかマンコ臭とかチンコ臭とかはみんなするわけ。

あたしたちだってちゃんとお尻洗わないと大変なことになっちゃうんだから。

 

そんなものを全て「多様だから認めよう」とか「多様性を理解しよう」なんて思わないわ。

 

ただよ?

「人間は多様であるから、多様であることを理解しよう」っていう話になった時に、

これは理解できる・できない、の話をすること自体が理解できていないんだと思わない?

 

誰かの理解や認定に依らず、あたしたちはあたしたちで、あなたたちはあなたたちでしょ。

好きにすればいいじゃん、好きにさせてよ。

 

そのうえで「パートナーが同性というだけで○○」とか「女性というだけで○○」というのは、意味がないしその意味がないルールを

「ルールだから」とか「立場が弱いから」というだけでそこに鎮座しているのは許せないわよね。

 

言葉を交わす距離感の人には優しく有り体なことを言って、

大好きな人にだけ粘膜擦り合わせて「おちんぽしゅごっおちんぽしゅごっ!」って言ってればいいの。

 

異性愛者の間だってそんなもんじゃない?

お隣夫婦を理解しようと思って「なんでこんな女と結婚したんだろう」から「理解できた!俺にもこの女と結婚したい気持ちがわかるぞ!」って言われたら怖くない?即引越し案件よ。

 

相手の気持ちを想像することが大事とよく言われるけど、なんでもかんでも相手の身に立ってシミュレーションすることはしなくていいと思う。

あたしたちの心のちんぽは、女では勃たないんだから。

 

だからさ、差別かどうとかよりも、その奥にあるのは「失礼」なんじゃないかって思うの。

綺麗事とか関係なく、なんでそんなに失礼なの?ってびっくりしちゃう。

(綺麗事を言えばいいんだろうけど、って人は大概失礼な人よね。)

 

あなたは差別主義者だとポリコレ棒とやらで殴らなくても「異性愛者だっていうだけで、みんなマンコにちんぽ突っ込むんだろうと食ってかかるアンタは失礼だよ」とパンチすればいいだけ。

そもそも、世の中には同性愛者だというだけで歯を剥き出して実際に殴ってくるような人だっているのに(レズビアンは男とセックスしたら治るとか言い出す人とかも含めて。)

そんなポリコレ棒とやらでネットで殴られたくらいでピーチクパーチクとやかましい!!

 

 

心の原風景を土足で踏みにじられる?ようなことも、なんだか理解不能だわ。こっちこそ理解不能よ。

心の原風景は他人には踏み荒らされない場所にあるから心の原風景なわけで、

例えばLGBT関係なく世の中には貧困で学校に行けないような人が一定数いるけど、そういうのにも心の原風景を踏み荒らされるのかしら?

 

学生服を買うお金がなかった、って言われて

「俺の若い頃はみんな同じ学生服着て楽しかった」っていうエピソードが何か覆されるの?

 

そんな心の原風景は捨てちまえよ、と思う。思い出なんてなくたって人は生きていけるのに、誰かに奪われる恐怖で思わず捨てたくなってしまうのが不愉快なのって、なんなの?理解不能だわ。

努力ありきのあたしたち

ゲイのためのルール、というツイッターアカウントがある。

まぁ、それだけだったら主語が大きいことが鼻につくことはあっても、はぁ、、そ、そうですか、、だけど、

言ってることがいちいち「ちょっとくらいモテてるからって偉そうなブス」でイライラするね、という話。

 

なんでも彼、彼らが言うにはモテのピークは28〜32歳だという。

あたしたちじゃん!なんなら今年でピークが終わろうとしてるじゃん!

 

で。

「ちょうどその年齢だけどモテない」とか「ピーク時に何もなかった」とか、言われるんですって。

まぁそりゃそうよね。人によっては20歳までの短い華だったり、30超えて色気が増す遅咲きの狂い咲き(でケツモロ感で鼻にかかった声で甘えてきたりする)だったりするわけで、

あたしたちが普段接する人たちも「28〜32くらいがちょうどいいよねー」って言う人はいても「28〜32がいい!そうじゃなきゃ嫌だ!」って人はそこまで多くはない気がする。

ただ漠然と「28〜32くらいならイイ男が多いんだろうな」「23歳じゃ若すぎるし、35超えると歩み寄れなさそう」みたいなね。

まぁ、25〜32くらいが好きって言っておけばいっか、みたいな風潮さえあるわよね。

 

で、そういう28〜32でモテなかった(便宜上の)ブスたちに向けて、こんな内容を発信してたの。

 

------------------

貴方はピークに合わせて、努力をしてきましたか?

既に過ぎてしまったのであれば、今日から努力を始めていますか?

努力なしで、モテを得ることはできません。

------------------

 

素直に「ブスは除く」と言ってしまえばお互いに気持ちがいいのにね。

(そして、もう過ぎたけど何にもなかったなぁ〜〜なんて言ってるのは「ブスだからじゃん!」待ちなわけよ)

 

 

で、で、出た〜〜〜!!

主語が大きいのに突っつかれると個人の問題に矮小化しだした〜〜〜〜!!

 

が、まずそうなんだけど。

 

努力って言葉もふわっとしていて好きじゃないんだけど、努力って言葉に対しては、ポジティブなイメージってそんなにないよね。

文脈によるかもだけど、ほぼほぼ「苦労」と同じ意味合いなんじゃないかしら??って。

 

努力家だから、って言われても「要領悪いけど一所懸命な人」みたいじゃない?

努力してることに対してしか評価できない人、みたいな。

 

そういう意味では「あんたは努力してないでしょ!」なんて、言ったもんがちよね。

「お前は甘えてる」もそう。「愛が足りない」もそう。

目に見えないものの多寡、それも相手に依存するように見えてどうとでも言えてしまうものを責めて、誰に何の得があるの?

 

じゃああんた、

ハーバード大出てないでしょ?ハーバード大卒なんて毎年何百人もいるのに!

ジュノンに載ったことないでしょ?毎月あんなにいっぱい出てるのに!

宝くじ当たってないでしょ?あんな年に何回も当選者が出てるのに!

クソついた肛門舐められないでしょ?愛があれば舐められる人だっているのに!

 

もうね、キリがないじゃない。

「自分は足りないんじゃないか」っていう恐怖に支配されて、誰かと比べて足りない足りないって這いずり回って生きて、それで「努力が足りない」とか「潮吹きさせられない」とか言っても仕方なくない?

 

「できていない人間」に対して、努力してますか?って聞いてくる人の方がよっぽど、その「できていない人」よりも生きづらい人生送ってるような気がする。

 

まぁここでいう「モテに対する努力」とはなんぞやっていう話も盛り込むと、

まぁまずはジムに行って?鍛えて?おっぱいムチムチになって?女子の足みたいな二の腕になって?髪を短髪刈り上げにして毎日ジェルつけて?パツパツのスーツをあえて頻繁に破って?プロテイン亜鉛を飲んで?男好きする男たちとホームパーティをして?気に入らない大御所ゲイ(とやら)に媚びを売って?オネェとかマジ無理っすとか言って?自己啓発本読んで?伊坂幸太郎読んで?モンスターハンターを買って?「こっちのリオレイアならすぐ乗れるのになァァ」とか言って?「これじゃイャンクックじゃなくてイャンコックだよォォ嫌じゃないからやめないでェェ」とか言って?仙波山にはタヌキがおってさ?煮てさ?焼いてさ?食ってさ?(中略)ちょいとか〜〜くっせっっ!

 

それが好きで楽しいからやってる人間はもちろんいるのよ。でもそれって、結果的に努力してたわけで、人に促すようなもんでもないじゃない。

 

好きなものを好きにやったらいいのよ。

あたしたちはスプラトゥーンだろうがドラクエ11だろうがファールアウト4だろうがエルミナージュゴシックだろうが、好きなものを楽しんでる人が好きよ。

 

ジムに行くのだって「モテたいから」じゃなくて「体を動かすと楽しいから」「自分の体が大きくなると、努力の結果が実ってるような気がするから」「重い肩コリが改善されるから」とか「ジムに行かないと落ち着かないから」とかもっとポジティブな気分で行ったらいいのよね。

 

ちなみに28〜32歳で全然モテないのは、いつものブスといつものブストークをするのが楽し過ぎて、新しい出会いに積極的になれないからなんじゃないかしら?と思うのよね。

 

そう思うと「新しい出会いに積極的になる」も努力の1つかもしれないわね。

あたしたちは鬼

節分でしたね。

季節に限らず太巻きが好きなあたしたちは、

夕方、スーパーで売ってるお安い恵方巻を買い、

夜、見切り品になっているお高い恵方巻を買い

恵方巻を2本食べました。

節分の時しか食べられないからね、恵方巻

 

恵方を向くことも丸かぶりすることもせず、モグモグと美味しく頂戴しました。

 

あたしだって節分と言わず年がら年中ちんぽはしゃぶりたいし、

再来週に控えたバレンタインには義理フェラしたいよ!!

肛門でチョコレートファウン●ンだってしたいんだから!!

 

まぁそんな話がしたいわけでは全然なくて。

 

今回は「優しさ」の話。

 

「優しい人が好き」って言う人はさぁ。

その人自身は誰かに対して優しくできるタイプの人ではないように思うのよね。

「優しい人でないと嫌だ」と突っ撥ねることって、「人には優しくありたい」って気持ちを担保に、無償乞食みたいになってない??

 

 

だいいち、「優しくない人」なんて世の中にいるの?

セックスしたさに人を褒めたり、出世したさに懐柔したり、

喜んでほしくて施しを与えたりするでしょ?

 

「優しくされない人」っていうのは、単にその価値がない、優しくしても見返りもない、何も得をしないような人ってことじゃん。

そんなみっともない自分を認めるなんてこと、あたしたちにできる?

 

あたしたちは「優しい人」と言われることに違和感がある。

 

優しいというか気を使いがちだし、社会的にはそれが出来て当たり前の年齢だから、普通のことだと思ってやってるのね。もちろん損得勘定だって持ち合わせてるし、嫌なことはしないしデメリットの方が多ければする価値がない。

 

人あたりをよくするのが処世術でもあるわけで、例えば恩を売ることで多少の失態は見逃してもらえたりするじゃん。

対人関係なんて特に、優しさなんて持ち合わせなくてもお互いにうまくやらないとこじれていっちゃうじゃない。

(そういう意味では、常に人に対して態度が荒い人とか、損得勘定抜きに場の空気に傾倒するようなノリの人は嫌いだわね。バカだから。)

 

 

その「形にならない駆け引き」に対して、好きだとか嫌いだとか持ち出さないで欲しいのよね。

 

あなたに優しくするのは、こっちにメリットがあると踏んでやってるだけなんだから。

それを「好き」だけで終わってしまったら、ただ好かれたい/良く見られたいだけの時じゃなければ尚更、なぁんのメリットもない。

 

あたしたちの場合「優しい人が好き」よりかは、

「優しい人には相応の対価を払う必要があるから、ちょっと面倒くさい」くらいのことを感じるわよ。

 

仮に、恒常的に優しくされたいのであれば、貴方自身があたしたちに優しく接して「見返り」を与えないといけなくなるじゃない。

 

人に「優しそう」「優しいんですね」とか言われるのもなんだかなーー。

パンダが穏やかに見えても、雑食の熊であることには変わらないように、

あたしたちは打算で動いてるし、打算をする価値もない人には何にもしたくならないわよ。

 

これはいつも口酸っぱく言うことだけど「根はいい人」「悪い人じゃない」っていうほど、世の中悪人ばっかじゃないのよ。

じゃあ徹底的なサイコパスと比べたら悪人じゃないとか、銀行強盗を企てないからいい人、とかそういうことにならない?

 

それだって、ナントカとハサミは使いようでさ。

悪人をうまく扱ってこそ、あたしたちは女として優れているのではなくって?

 

そういう意味ではあたしたちのほうがよっぽど優しくないし、悪人だし、鬼よ。

 

ただほんわかふわふわしてる、顔がかわいいだけの鬼なのよ。